-

外為市場のFX(外国為替証拠金取引)を解説してみます。

FXでは二国の金を取引してその差し引いた利益を儲けるという方式です。

二つの金の間で出る差をスワップ金利と呼んでいます。

スワップ金利のことは本来はスワップポイントと呼ばれるらしいです。

スワップ金利とは、一日でも獲得する事ができますが日ごとの為替相場の変わり方で変わってくるのです。

このようなFXのスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらいに、FXの取引をしている人もいるのです。

スワップ金利は業者それぞれで違う点があるためほんのわずかでも差益の金額が高い取引業者を使いたいですよね。

しかしながらスワップポイントは為替が変わってしまうと一緒に動くので用心しましょう。

さらに為替トレードをする際には図表を読める事が欠かす事ができなくなっています。

この図表を読める事で、為替の相場の変動を理解する可能になると言います。

外国為替初心者が見た際、何のチャートですか?などと不思議に感じるのでしょうけど要所をわかっておくことによって図の読み取りが出来るそうです。

どの辺りから円が上がっている又は下がるだろうとかこのタイミングが最も円安になるとこのチャートを見る事で判定が可能となり為替トレードをするために非常に役に立つデータとなるようです。

上記の図表は、日本ではローソク足が使われるのが普通でローソク形の図表で示されているのです。

このようなローソク足(陰陽足)では高値や安値、さらに終値か始値等を示されていてチャート図は様々な格好になります。

Category

リンク