-

破産申告を考えている人でその返済義務に関し保証人がいるときには、前もって連絡しておいた方が良いです。

さらに、強調したいのですが、借金に保証人が付いているときは、破産の前段階でちょっと考えなければいけません。

なぜなら、あなたが破産して免責がおりると、保証人になっている人がみなさんの義務をまとめて果たすことになるからです。

破産前にあなたの保証人に至った経緯とか現状を説明しつつ、謝罪をしなければなりません。

これはあなたの保証人からすると当たり前です。

負債者のあなたが破産手続きをすることでまったなしに膨大な債務がふりかかってくることになるのですから。

そうすると、以降のその保証人の行動の手順は以下の4つです。

一つめは保証人である人が「すべて返金する」ことです。

その保証人がいつでも数百万もの負債をいとも簡単に弁済できるほどのお金をたくわえているならばこの方法が可能でしょう。

でもその場合は、そのまま破産申告せずに保証人に借金して、これからはあなたの保証人に定期的に返済するという形も取れるのではないかと思います。

保証してくれる人が自身と関係が親しいならいくらか弁済期間を考慮してもらうこともありえます。

たとえ一括で弁済できなくても業者側も話し合いで分割での返済に応じるかもしれません。

あなたの保証人に破産による整理をされてしまうと貸金がすべて戻らないリスクを負うからです。

その保証人があなたのカネを全額払う財力がなければお金を借りたあなたと同じく何らかの方法による負債の整理を選ばなければなりません。

続く選択肢は「任意整理」によって処理することです。

この手順では貸した側と話す方法によって3〜5年のあいだで弁済していく感じになります。

弁護士事務所にお願いする場合の費用の相場は債権者1社につき4万円。

もし7社から借金があったなら約28万円かかることになります。

むろん貸した側との話し合いは自分でやることもできますが、この分野の経験や知識がない人だと債権者が自分に有利な和解案を用意してくるので気を付けた方がいいでしょう。

また、任意整理してもらうとしたとしてもあなたの保証人にカネを払ってもらうことになるのですから借りた人は時間がかかるとしてもあなたの保証人に支払っていくべきでしょう。

次は保証人もあなたと同様に「破産を申し立てる」という選択肢です。

保証人も返せなくなった人とともに破産を申し立てれば保証人となる人の負債もなくなります。

ただし、戸建て住宅などを所有している場合はそういった個人資産を没収されますし司法書士等の職についている場合などは影響は避けられません。

そういった場合、個人再生という制度を利用するといいでしょう。

では4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」方法があります。

マンション等を処分せず債務整理をしたい場合や、破産では影響が出る業務にたずさわっている人に利用できるのが個人再生による整理です。

この方法の場合、自分の住宅は手元に残りますし、破産申し立てのような職種制限、資格にかかる制限が一切ありません。

Category

リンク