-

民事再生による整理は住宅ローンも含む多重の債務に悩んでいる債務者を救済するために、住宅を手放すことなく金銭面で再建するための法的な借金整理の方法として平成12年11月にスタートした選択肢です。

民事再生制度には、自己破産制度とは異なり免責不許可となる条件はないので浪費などで借金がふくらんだような場合においてもこの手続きは可能ですし破産をすると業務停止になるリスクのあるポストで収入を得ている場合等でも手続きは行えます。

自己破産制度ではマイホームを手元に残すわけにはいきませんし、その他の選択肢では元金自体は払っていくことが必要ですので、住宅ローンを含め支払い続けるのは実際のところ簡単ではないと思われます。

ですが、民事再生による処理を取ることができれば、住宅のためのローンを除く借入金はけっこうな減ずることが可能ですので住宅のためのローンを返しながらそのほかの借り入れ分を払い続けることも可能といえます。

ただ、民事再生は任意整理または特定調停といった処理とは違い一定の借り入れだけを省いて処理することは許されませんし、破産宣告のように借り入れ金それ自体なくなってしまうのでもありません。

さらには、これとは別の処理に比べある程度簡単には進まず手間もかかりますので、住宅ローン等があり住んでいるマンションを手放せない場合などを除いて破産申請等のその他の債務整理ができない場合における最終的な解決方法として考えていた方がいいでしょう。

Category

リンク