-

FXに関しての良いところは、単独の金融商品ありながら、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの中からどの期間をセレクトするのかということにより、資本の投下の仕方が全然違ってくるところにあるのです。第一に外貨に対して投入する「長期スタンス」に関して考えてみよう。長期の投資というものは一年以上の投資が原則とされているのが普通です。一般的に為替においては、一年も経過した後のレートが円高なのか、円安だろうかを予測するということはほとんどの場合無謀です。普通は、「後の将来のことはわからない」と考えるのが現実かと思います。考えられないことを頭を悩ませて予測しようともそんなことは無理な行為です。そういったことから、外貨を買ったと仮定して、買った時の価格よりも円高に変わったとしてもその分は近いうちに円安になるだろうくらいの感覚で売り買いに参加することが大切です。利益を狙うだけでなくそれ以外の儲け、言い換えればスワップポイントを上げるということを、とりあえずの目標にしてやりましょう。当たり前ですが、短期的に為替変動の影響で損失がかなり膨らんでしまうこともあります。そういったことから、差損に耐えうるよう、レバレッジをできるだけ少なめに設定することが必要です。外国為替証拠金取引(FX)は損失がある範囲よりも広がると追加保証金を求められたりまたはストップロス(ロスカット)になったりします。ロスカットを置いたらすぐトレードを清算することになり、長期の取引はダメになります。こんなリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりで売買するのが安心です。今度は中期の投資を狙ったトレードについてです。中期の場合、一番長くて2ヶ月くらい先を想定してのトレードになります。為替トレードのケースでは、およそ1ヶ月ほど後のことであれば、だいたい、想定可能な場合が多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の各国の閣議や為替トレードで取引している人たちがどんなことに注目しているのかを見てみれば、割りと、先読みできるでしょう。このような経済の状況をチェックしながら、グラフを参考にすることで為替の相場の状態を理解する事ができ、買いポジションか売りポジションかを判断する方がいいと思います。基本的に、経済の状態とジャッジの両方とも光りまたはどちらも買い傾向が同様の時はおおよそその方向に動くと思って大丈夫です。持ち金を増やすと多い儲けを受け取れるのはほぼ確実です。第三に短期のトレードの重要点です。ここでの短期のトレードというのは、言わばデイトレを言っています。為替で日計り取引を行うには、経済の状況はまるっきり関わりがないと言い切れます。どうしてかというと次の日の為替の相場の変化に経済情勢は関連がないからです。この時ミソは大規模な出来事がある場合、それによって為替のレートが著しく変化するチャンスを見落とさないようやり取りしましょう。たとえばアメリカで雇用の統計が出される、はたまた金融政策等により金利が変動するような催し。こういう絶好の機会に変化を見逃さないといった意味合いで、短期のスタンスは様々なものが必須になる。

Category

リンク