-

現実にパソコンの画面の前に座り、つねに上がったり下がったりしている相場を眺めていると売買をしたいという思いに煽られる場合も多かったりします。PCマックス

だけど、なんとなく思いつきで取引するのは絶対に避けてほしい。創業融資 大阪府

ご覧の通り、外国為替市場は1日中、いずれかの外国為替相場が関いているし、為替レートもいかなる時でも変動している。https://www.shikaku-king.com/school_en_online/

しかし、注文を繰り返していると、それだけマイナスになる危険性が上がってしまいます。

無論、売り買いの数を経験することによって、じょじょに勝利する確率が半々になるのは事実です。

しかしそれは「明確でない直感で売り買い」とは話が異なります。

エントリー回数を積むということは、自分自身が「ここだ!」と思えるチャンスを持った状況でのエントリー回数を増やすという意味である。

何となく、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとは異なります。

為替相場の駆け引きに勝つためには自ら思案してメリハリをつけることこそが大事です。

「ここだ!」と思い至った外国為替市場の時には、迷わず保持ポジションを多くして集中して儲けを追求します。

「何となく悩ましいマーケットでどう推移するのかわからないな」と感じた時はいっそのこと保持ポジションをひとつ残らずクローズして何もしません。

このぐらいのメリハリをつける方が最終的には取引は勝てます。

マーケットの名言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通りです。

取引とは、いかなる時でもポジションを持つことが全部ではなくどの売買ポジションも所有せず待っている事も事態によっては、必要です。

そうであるならば、どの場面で休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが前述したように、これから先のマーケットがはっきりと難しいときです。

これからどちらにいくのか見通せない時はヘタに動くと、自ら書いたシナリオとは反対の方向に市場が変動してしまい損失を被ることになる。

だから、こういった場面ではポジションを減らしてそのまま何もぜずに静観を決め込むのがいいと思います。

第2に、あなたの体の状態がすぐれない時です。

体の状態と相場に関係性はないと感じる投資家もいますが実際には大きくつながりがあります。

体の調子が悪い時はマーケットの判断しなければいけない場面で、落ち着いた決断が出来ない場合があります。

興味がわかない時は、トレードから離れてみるのも大事な事です。

Category

リンク