-

クレジットの不要になった気がする…こうした考えに至ったらサービスの機能停止(きのうていし)を行いましょう。サントリーセサミンの効果

確認は無用だと知っての上で敢えて説明しますがカードの機能停止とは利用者が保有しているカードを完全に店舗などに行っても買うことの出来ない状態に戻してしまうことを言います。スマホでテレクラが出来る

今お読みになっている記事においては使わなくなったカードの使用不可能化の段取りから解約上の注意事項などを明快に挙げて参ります。

この解説をわかってもらえれば機能停止上の悩みをきれいさっぱり取り去って気楽になっていただけること間違いなしです。

割り切って書くと、不必要なクレジットを無効化してしまうのはとてつもなく簡単。

「クレカに一回申請をしたらなかなか契約解除するのは面倒じゃあるまいか」……」とか、「クレジットの使用不可能化の手続きが煩雑に違いない?」と誤解してしまう使用者もたくさんいるということだがクレジットの機械読み取り側に印字されてある受付窓口に確認した上で使用不可能化の意志を知らせるということだけで手間取ることなく使用不可能化が可能(約3分くらいの会話で終わってしまいます)。

カードを契約する段階ではとにかく面倒だったはずなのに機能停止の申し込みはたった数分の電話で終わってしまうの?という具合に驚いてしまうと思います。

実際に無効化の手順は楽に終われるのでしょうか?おっしゃる通りです。

カードの機能停止の事務手続きは稀な場合を無視すれば、無効化のために要する届け出用紙もないばかりか執拗に引き止められるようなことも起こりません。

間違いなく一回「持っている□□クレジットカードを使用不可能化したいと思っておりますが!」などと会社の受付に口頭で願い出るようにすれば問題ありません。

事実、私もかつてから25枚以上のクレカを無効化するために申請を行ってきましたが、ただの一回も使用不可能化に際してつっかえたような場合はほぼ心配ありませんわけなのでそういった点は必要以上に考えないで問題ありません。

知り合いより聞いた情報では使用中止をしようと連絡したところ解約したい事情に関して差し支えなければ聞いてもいいかと言われる場合があったが情報収集に過ぎない軽い聞き方だったという話なので再考を迫られる面倒もまずないと考えられます。

たとえ理由を質問されたということになっても気を遣わずに『必要なくなったため』とか『あの会社のカードサービスのDMを読んだらそちらが活用できそうに思えたので』というように伝えれば良いだろう。

Category

リンク