-

ローンキャッシングした時、返済をする時には利率を含めての返金になるのは知っていると思います。75-16-77

ローン会社は営利をターゲットにした企業なのですから無論問題ありません。75-9-77

とは言っても返金する方は、1円でも少なく払いたいというのが本当の気持ちでしょう。75-19-77

利息制限法が適用される前は30%近い利率を支払わされてましたが、設けられてからは高金利でも年率18%位といくぶん低く決められているので、かなりお得になった気がします。75-10-77

この頃のローンキャッシングの利率の幅は4%位から18%位の間が設けられていて、利用上限額により設けられます。75-5-77

利用限度額は借り主の与信によって影響します。75-4-77

総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、収入がどれくらいあるのか?どのような職についているのか?カードローンの使用状況はどうなのか?もろもろ調査され与信限度額としてカードの内容が決まるのです。75-13-77

カードを使ったキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は同じではありません)と広い幅があります。75-12-77

そしてその間の中で決められた使用可能金額により利率も決まります。75-14-77

50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった数値になるはずです。75-20-77

要するに信用度が良ければ、貸付可能金額も上がり、利息も下がるというわけです。

この金利に矛盾を感じるのは自分だけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、これらは常識なのでしょうが、年収の多い人がお金の借入れができないと困るとは思えませんし、万一借りたケースでも利率が多かろうが少なかろうが返済に追われる事はないと思います。

むしろ年収良くない人は直ちにお金が必要なのでキャッシングする方がいて、利率が良くないとお金の支払いに苦しむことになります。

ですから使用可能範囲の低い人にこそ低利子で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。

この見方は使用するサイド側としての意見となります。

これらの事を考慮すると、金利を低くする為にはどうするべきかおぼろげながら感じたでしょう。

現実、これから述べる方法で、申請する人が大勢いるので教えますと、キャッシングサービスの申し込みをする際に、年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申し込むのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円でカード審査で申し込んだ満額通ればその分利子が低いキャッシングできるカードを持参することができます。

と言って上限ギリギリまで使わなければならないというわけではありません。

10万円でも20万円でも必要な額だけ利用可能です。

また利用限度可能額が300万円で最低利息年間7%位のローン業者もあるのです。

その企業に申請すればその業者の最低金利で使用できるようになるはずです。

どう思いましたか?やり方次第で低金利のキャッシングカードを持参することが出来るようになります。

自分自身の収入とカード業者の利子を並べて、検討する事に時間を割けば、より満足できる条件で借りれるので、ちゃんと調査するようにしなければなりません。

Category