-

特定調停による処理も任意整理と同じように、それぞれ貸方への支払いを行うことを前置きとした借金整理の形となります。他の表現でいうなら裁判所が間に入る借金整理といえるでしょう。この方法も任意整理による解決とほぼ同じく、自己破産手続きとは異なってある部分のみのお金のみを整理することになるので、他に保証人が関与している負債額以外だけで手続きする時やマンションのローンを別として整理をする場合等でも使うことが可能ですし、財産を放棄することは求められませんので貴金属や有価証券財産を持っていて、処分したくない場合においても有力な選択肢になる借金整理の手順です。いっぽうで、後々返済が必要となる額と収入額を比較検討して適度に返済の計画を立てられる場合においてはこの特定調停による手続きを取るほうが良いといえますが破産宣告と違い負債そのものが消滅するというわけではありませんので、借入金の総量が大きい状況では残念ながらこの方法で手続きを進めることは難しいと判断することになるでしょう。いっぽう、特定調停による解決は裁判所という機関が介在しますので弁護士などのプロにお願いしなくてもリスクが増える心配がないということや手続きにおいての費用をおさえられるという良いところはあるのですが、お金の貸し手からの取り立てに対し処理する必要がある点とか実際に裁判所に何回も出頭することになるなどの注意が必要な点もあります。任意整理による手続きと比較してみると同意が得られない場合には利子をすべて付けた金額で支払っていくことが求められるといったことや最終的には貸し手に返済していく合計額が任意整理による処理よりも割が合わない場合が多いなどのデメリットもあります。

Category

リンク