-

外国為替市場であるFX(外国為替証拠金取引)について分析していきましょう。外国為替証拠金取引というのは二つのお金をやり取りをして二国の通貨の差額をもらうというような流れなのです。これら二つの異なる国のお金の間で発生する儲けをスワップ金利といいます。こうしたスワップ金利のことは本来はスワップポイントといっているようです。FXのスワップ金利(スワップポイント)は、一日ごとにでももらえますけれどもその時の為替相場の動き方によって違うのです。こんな外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)を取得することが目的でFX(外国為替証拠金取引)の為替取引をしている人々も多数います。スワップ金利は、取引するFX業者によっても違うのでできるだけ利益が多い取引業者で取引したいものですね。しかし、スワップ金利は為替の相場が動くことで一緒に変動するので気をつけてください。また為替の取引をやる時は図表を読む事が大切になるのです。このチャートを読める事で為替トレードの流れを読む事が可能となるのです。外国為替初心者が見たら何の為の図表ですか?などと不思議に思えてしまうかもしれませんが重要ポイントを覚えておくことによりチャートが理解可能となるそうです。どの辺から日本円が上がるだろう又は下がって来ているという風に、ここで最も円安などとこのチャートで判別が出来、為替取引をやるためにはこの上なくためになるデータとなるはずです。ここで言うグラフは、日本の中ではローソク足(陰陽足)が使われていて名前通りローソク形のチャートで書かれているのです。そのローソク足は、高値・安値加えて終値とか始値等を示していてグラフ上で様々な形になるのです。

Category

リンク