-

日刊紙の広告、ゴシップ紙、繁華街に貼られたチラシやダイレクトメールなどで、「負債の片付けします」「多重借金を集約したいですよね」などといった広告を目に入れることがよくあります。そういったものは、「整理屋」「買取屋」「紹介業者」と呼ばれる業者の広告のケースがあるということなのです。これらを使用した場合には破産申請フローの中で免責認定を受けられなくなるリスクもあります。「整頓人」の場合はダイレクトメールなどで多重債務者を引きつけ、代金を要求して負債整理をやりますが結局は整理は行われないまま、より一層の債務地獄にはまってしまう場合がほとんどになります。「買取専門人」では、当人のローンで、新幹線の券などをたくさん買い入れさせて負債者からそういった物品を定価の2割ー額面半値で買い上げるというやり方が主です。負債人はそのときは金が手に入れられますがいつかクレジット会社から購入品の支払い要求が届き、結局のところ負債額を悪化させるだけです。このケースではクレジットカード企業に対して犯罪ということで免責許諾を手に入れられません。「紹介屋」の場合は著名なサラリーマン金融から断られるようになった債務人に関して直接的な金貸しは一切せずに、資金提供をしてくれる別の同業者を呼んで、高すぎる経費を請求する業者です。自分の手引きで融資してもらったかに話しますが、実際には何もせず、ただ選考のゆるめの会社を把握しているだけです。このケースも本当は借金をアップさせる結末となります。

Category

リンク